赤い糸の伝説

赤い糸の伝説ってあったみたい・・・

Mさんとは、ショールームやイベントなどで時折顔は見かけてはいましたが、
話をするようになったきっかけは面談だったと思います。

 

そこでは世間話というか、テキトーな話で終わりましたが、
その後メルアドをゲットすることができ
メールのやりとりをするようになりました。

 

最初のメールのやり取りが印象的で、
それが僕の人生に大きな変化を与えてくれました。
かちこちに生真面目な文章のメールに対して、「にゃ~」という返信。。。
この時この人と付き合おうと思いました。

 

その後エバーのスタッフのけしかけ(手助け?)もあり、
クリスマスナイトの誘い、デートの誘い… 楽しかったなぁ(^-^*)。。。

 

菜の花マラソンにも一緒に走りました。

 

何度か参加経験のある僕は初参加のMさんと、どこまで一緒に走れるだろう、
何とかゴールさせたいとの思いで走ったのですが、
なんと内山社長より先にゴールしてしまいました。

 

しれっとはしていましたが、たぶん途中はきつかったと思います。
でも、何の弱音も吐かず走り通しました。

 

 

     赤い糸の伝説ってあったみたい・・・

 

 

頑張り屋さんだなぁ。。。 
この時生涯の人と決心しました。
…と、ちがった、改めて惚れ直した、でした(*^.^*)。

 

付き合っている間もすごく自然にお互いがあり
こんな感じでずっといれたらなぁ、
たぶんこんな感じで一生一緒に過ごせるかもと思いプロポーズしました。
人の縁とは不思議なもので、ほんのちょっとの勇気で、
いろんな人と出会え、生涯の人とも出会えました。

 

友人のなかには、こいつにはこの嫁さんしかいない、
お似合いのカップルだ、と思う夫婦が何組かいます。
羨ましく思っていましたが、

 

自分にもこんなベストパートナーができたことに驚いています。

 

結婚式では、サプライズの数々、、、自分が楽しんでしまいました。

 

付き合いだしてから結婚式、そして今現在まで… 
ずっと楽しくやっています。

 

内山社長、橋口さん、小畑さん、森野さん、ありがとうございました。
そしてハーモニーの仲間のみなさんを含め本当に感謝しています。

 

昨年は私たちを含め多くのカップルが結婚しました。
今年も多くの人が幸せになれることを祈っています。

 

まだ見えぬ赤い糸がそこにあるかも……… 

 

☆2008年9月挙式 TS様より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ