赤い糸の伝説

サプライズプロポーズ大作戦!

「次に付き合う彼女は結婚する相手」と決めていた自分。

 

キョウちゃんと付き合うと決めたその時からプロポ-ズ大作戦は始まった。
彼女と付き合いを重ねる仲で作戦決行日は2008.7.29 
彼女と付き合ってちょうど1年の記念日に決定。

 

「プロポ-ズは空の上で」と昔から決めていた自分は
仕事の合間にヘリコプタ-をどうやってチャ-タ-するか考えていた。

 

 

サプライズプロポーズ大作戦!

 

 

頼る宛てもなく悩んだ結果インターネットで
航空関係の会社を遊覧飛行で検索!!
検索された会社へしらみつぶしに連絡し、条件に合う会社を捜した。

 

しかしそう簡単には見つかる訳もなく諦めそうになった時ある会社から
「鹿児島空港なら鹿児島国際航空が良いよ」と
連絡先を教えてもらい交渉の結果アポとりに成功!!
それから直接会社(鹿児島国際航空)に行き、
何度もタイミングや流れを綿密に打ち合わせして行きました。

 

仕事が終わって打ち合わせに行く日々・・・。
彼女には残業と嘘をつき進めていく計画は決して楽ではありませんでした。

 

なぜなら自分はしゃべりたがり、しかも彼女は聞きたがり

 

そんな葛藤をしながら作戦は進んでいきました。

 

プロポ-ズ当日一番心配していた天気も良好。
飛べない日は曇りでも飛ばないらしい。
天気という問題をクリア-し彼女を乗せて空港へ。

 

滑走路への入り口には航空会社の人ゲ-トを開いて待っていてくれました。
ゲ-トの先には空へと連れ出すヘリコプタ-の姿が・・・・

 

機長に案内されてヘッドホンを装着、説明を聞いていざ空へ。
僕はヘリの3分程度の遊覧飛行は経験済みでも、
自分でチャ-タ-したヘリで30分以上も飛ぶのは初めて。

 

興奮を抑えつつドキドキしながら
プロポ-ズポイントのアミュプラザ観覧車の上空を待ちました。

 

そしてポイントに到着。

 

アメ玉の包み紙に丸めたエバ-で準備していた
ダイヤの指輪を彼女に渡しながらヘリの音で消されながらも

 

口ぱくで「結婚しよう」と伝えました。

 

彼女は喜んで
       頷いてくれました。

 

考えてはいたけれど実際にプロポ-ズまでの道のりは大変でした。
でも喜んで頷いてくれた彼女の笑顔を思い出すと

 

ホントやってよかったと思います。

 

プロポ-ズ大作戦に協力してくれた沢山の方々に感謝です。

 

一生に一回のことなので色々考えることも楽しかったです。

 

思い出はお金で換算できないのでこれからの方は

 

サプライズはぜひオススメです。

 

TMさんより

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

ページトップへ