赤い糸の伝説

20年間育ててくれてありがとう!!

満面の笑顔でチャペル挙式ががスタ-ト

 

結婚なんてまだ先・・・と思っていたかのようなお父さんの緊張の顔と
みんなが集まってくれた事の喜び顔の新婦。

 

そして緊張でいっぱいいっぱいの新郎。

 

バ-ジンロ-ドで並ぶ姿はいつ見ても良いものです。

 

前日の100%雨のはすが予想外に晴れてくれたおかげで
チャペルでのフラワ-シャワ-セレモニ-も出来ラッキ-なお二人でした。

 

リムジンに乗りみんなに送り出される新郎新婦。

 

王子様、お姫様気分を味わえる瞬間です。

 

 

20年間育ててくれてありがとう!!

 

いよいよ披露宴も始まり、ケ-キ入刀。

 

自分達だけでなく両親にも出番あり。

 

20年間育ててくれてありがとう!!

 

新郎のご両親がケ-キ入刀をしたことがないからさせてあげたいという
二人からの両親へのプレゼント。

 

普段では考えられないお父さんがお母さんへ食べさせる姿は
ほのぼのヤジも交え温かい気持ちになる場面となりました。

 

余興もスタ-ト。

 

20年間育ててくれてありがとう!!

 

お友達は学園祭のように気合も入ります。だって最近までやってた事ですから・・・

 

お色直し後登場したのは・・・甲冑(よろい)を着た新郎様

 

20年間育ててくれてありがとう!!

 

みんな笑いと驚きで拍手と歓声が上がりました。

 

20年間育ててくれてありがとう!!

 

紳助の番組でも話題の鎧は、川内で作製されたものですが、重さも20キロ近くあり、
新郎はそれを着て新婦をお迎えに行ったり、余興に参加したり、会場内を動きまわりかなり体力消耗。

 

しかしそこはさすが若いだけありすぐ回復していました。

 

20年間育ててくれてありがとう!!

 

いよいよラストの場面となりました。

 

お父さんお母さん20年間育ててくれてありがとう!!

 

たくさんの思い出の中でこの言葉で気持ちは伝わりました。
年ではなくタイミングで「結婚」を決断する時はやってきます。

 

20年間育ててくれてありがとう!!

 

感謝の気持ちを一生懸命伝え、そして若いなりにもお友達やお世話になった方達へ

 

披露宴のおもてなしを考え準備したお二人から気付かされる事が

 

たくさんの出会いとなりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

ページトップへ