赤い糸の伝説

歴史を川内から世界へと・・・

門を一歩入ると普段は緩やかな雰囲気の漂う戦国村の空間が
今日は一大イベントわくわくする場所に変わっていました。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

今春、今は東京に住むお二人から結婚のご報告と鹿児島での披露宴企画をしたい・・・と
連絡が入りました。てっきり普通に式場でご披露宴と思いきや!!!!!!

 

「川内戦国村でお祭りのような皆様に楽しんで頂くお披露目がしたい」と。

 

ところが野外ではまずお天気の心配、そして肝心なお食事の準備の事、
アクセスの不安などなど、自信をもってやりましょう!!とはとても言えませんでした。

 

GWお二人と社長であるお父様がご来店。打ち合わせの末、
戦国村一大プロジェクト企画のスタ-トとなりました。

 

なぜなら・・・お父様がとても楽しそうにお話をされて、そのイメ-ジが湧き上がったからでした。
本格的な準備は8月~スタ-ト
会場設営、音響関係、食事、飲み物、衣装、映像写真等決める事は
どんどん増えて行きました。

 

今回は当社がいつもお世話になっている映像写真関係のJYUJYU妙ちゃんの大活躍で、
ありとあらゆるル-トを繋いで頂きこの日が迎えられました。
東京から帰って来たお二人と最終打ち合わせは司会の野口たくちゃんもまじえて
笑いの打ち合わせとなりました。

 

しかし準備はここからが大変でした。

 

お二人だけでなく戦国村スタッフの方々も全員協力で会場の整備、舞台作りと大活躍です。

 

9月4日土曜日いよいよ本番の日
新田神社 挙式

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

歴史ある場所で新郎はお祖父様の羽織袴、新婦は艶やかな色打掛姿。
親族に囲まれて厳かに挙式もすみ、ここから新郎新婦はプロモ-ションビデオ撮影。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

実は新郎新婦は甲冑を全国展開する為に東京支社を任され
お二人もモデルとなって「甲冑ウェディング」を日本全国に広げて行こう!
と今日の企画になりました。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

受付が始まり出席者はお二人やご両親の仲の良いお友達中心で、
皆様コスプレで続々登場。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

スタッフ全員の最後のミ-ティングも済んで、
ホラ貝の音が鳴り響きいよいよ新郎新婦の入場です。

 

 

会場にはすでに新聞社やテレビ取材も入り入場と同時にカメラのシャッタ-音と
皆様の拍手で、レッドカ-ペットを歩くお二人はまるで芸能人のよう。
新郎、新婦共に甲冑を着て登場!!!
歴史を感じさせる瞬間です。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

司会のたくちゃんのアナウンスで戦国村 野外甲冑ウェディングイベントの始まりはじまり~

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

乾杯そしてお食事はお祭りのようなバイキングスタイル
皆さん自由に動いて食べて飲んで楽しんでいます。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

お城の形をした特注ケ-キに刀で入刀

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

和と洋のコラボ 刀を間近で見る事ができないのでギャラリ-もカメラマンもいっぱい。

 

甲冑姿でファ-ストバイト。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

結婚式は何百組も見ていますが私も初めて見られて感動の場面でした。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

お色直し後二回目のご入場。
新郎も新たな甲冑に着替、新婦は豪華な時代劇で見るような篭に乗って登場。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

実は今回衣装2回目は新婦自分の持っているドレスで登場予定でしたが
新郎様のサプライズで新婦が着たがっていた着物を着させてあげたいと言う事で
衣装の六本木さんと打ち合わせてギリギリまで内緒にしました。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

暑い中でしたが篭から登場する姿はあのお着物姿でした。
新婦が登場すると皆様大歓声と拍手。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

お酒もどんどん入りテンションも上がり仲間の方達の余興スタ-ト。

 

京都から来られた宮北様の男性とは思えない美しいご祝儀舞い。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

福岡から駆けつけた太鼓の「のぶし」の演奏や

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

マジオドライビングスク-ル社長様中心に子供達も入った太鼓披露。
とても凛々しくかわいい姿でした。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

歌や芦北鉄砲隊など最後には祝砲も鳴り、見事な締めくくりとなりました。
たくちゃん司会で盛り上がった戦国村甲冑ウェディング。
最後に打ち合わせにもいつも同行して下さいました

 

鎧兜甲冑工房 丸武産業 代表のお父様よりご挨拶。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

見た目も気持ちも若く、最後のご挨拶も皆様への感謝のお言葉から始まり
最後はちょっといたずらっ子のように、そのまま戦国村で続く宴会&宿泊される方達へ・・・

 

ここはお化けがでるんですよ~なんてジョ-クで締められる所も最高の演出でした。

 

新郎様はいつもの笑顔をたやさず、「感謝と決意」の言葉に、
出席者の方も全員が達成感を感じる瞬間でした。

 

 

     歴史を川内から世界へと・・・

 

 

今回岩元様からのご紹介があり、正直野外ウェディングは少人数でも
お天気に左右されるので実現が難しいウェデングスタイルでしたが、
このような形で実現出来たのも、関わりのある方達のご協力、アィディアと
ご出席者の盛り上け、そしてお天気に最後まで味方されたことでした。
これもお二人の「運」と日頃の行いですね~(私も晴れ女です)
これから甲冑ウェディング、日本の歴史を伝承して行くウェディングを
鹿児島から世界へ発信!!ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

ページトップへ